すいかの生産量が日本一の県はどこ?

すいかの生産量が日本一の県は、

熊本県

です。

%e3%81%99%e3%81%84%e3%81%8b%e3%81%ae%e7%94%9f%e7%94%a3%e9%87%8f%e3%81%8c%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e3%81%ae%e7%9c%8c%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%93%ef%bc%9f

その熊本県でも生産量一位を誇るのが、植木町です。


緒方農園は熊本県植木町で、すいかとメロンを栽培しています。


日本一の生産量のすいかをぜひ一度食べてみてください!

すいかは何科でしょう?

すいかは、

ウリ科

です。

ウリ科とは、被子植物の科である。 類縁については昔から議論があり、新エングラー体系では独立のウリ目 Cucurbitales にしたが、クロンキスト体系ではスミレ目 Violales に分類していた。最新のAPG体系ではシュウカイドウ科などを含むウリ目とする。

引用:wikipedia


ウリ科には他にも、きゅうりやかぼちゃ、ヘチマ、ズッキーニ、メロンなどがあります。

%e3%81%99%e3%81%84%e3%81%8b%e3%81%af%e4%bd%95%e7%a7%91%e3%81%a7%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%86%ef%bc%9f
ウリ科は全体的に緑色のものが多いため、「緑のカーテン」を作る際もよく用いられるそうです。

すいかの生産量が世界一の国は?

すいかの生産量が世界一の国は、

中国

となっています。

%e3%81%99%e3%81%84%e3%81%8b%e3%81%ae%e7%94%9f%e7%94%a3%e9%87%8f%e3%81%8c%e4%b8%96%e7%95%8c%e4%b8%80%e3%81%ae%e5%9b%bd%e3%81%af%ef%bc%9f
年間生産量は全体の67%(7,294万3,838トン)で、中国は世界でも圧倒的にすいかの生産量が多い国なのです。


中国に次いで、イラン、トルコ、ブラジル、エジプトとなります。


日本は29位で、年間生産量35万6,063トン。全体の0.33%となります。

すいかが日本に伝わったのはいつ?

すいかが日本に伝わったのは、

室町時代(1300年頃)

と言われています。


ただ、室町時代という情報が正確なのかは定かではありません。


「室町時代に伝わった」とされている理由は、【僧義堂の『空華集』(室町時代)】という書物ですいかに関連する詩があるためです。


しかし、さらに古い時代に書かれた【鳥羽僧正の『鳥獣戯画』】のウサギが持っているものがすいかに見える…ということから、すいかの起源は曖昧なのです。


%e9%b3%a5%e7%8d%a3%e6%88%af%e7%94%bb%e3%80%80%e3%81%99%e3%81%84%e3%81%8b



もしウサギが持っているものがすいかであれば、すいかが日本に伝わったのは室町時代から約300年前の1000年~1100年辺りとなります。