すいかの名産地の熊本県植木町はどんなところ?

私たち緒方農園が、すいかとメロンを栽培している土地は熊本県植木町です。

植木町はすいかの出荷量が日本一です。

そんな植木町。どういったところなのかご紹介します。

地図


%e7%86%8a%e6%9c%ac%e7%9c%8c%e6%a4%8d%e6%9c%a8%e7%94%ba
熊本県の北のほうにあります。

以前まで植木町の住所は「鹿本郡植木町」だったのですが、熊本市と合併したことで「熊本市北区植木町」になりました。

熊本市の一部になったのですが、自然が豊かで農業も盛んな土地です。


名所


植木町には、すいかの他にも有名な名所があります。

田原坂公園


<田原坂の画像>

明治時代に起こった西南戦争で、激戦が繰り広げられたのが田原坂です。

田原坂公園には西南戦争の慰霊碑や、資料館があります。


<花が咲いている画像>

ツツジや桜も綺麗ですので、4月には多くの方が花見に来られます。

小野泉水公園


<小野小町の生誕と書かれている石碑の画像>

世界三大美女と言われている、小野小町の出身地は植木町であるという説があります。


また、地元ではホタルのスポットとしても人気で、夏の夜は私たちもホタルを見に行っています。


気候


植木町の地形は盆地です。そのため昼と夜の温度差が大きいと言われています。

そのため私たち緒方農園では、すいかやメロンを栽培するときにハウス内の温度に細心の注意を払う必要があります。

夏はハウスの開け閉めや換気扇を使い作物に最適な温度を、

dsc_0054
冬は暖房機を使いハウス内を温めたり。

dsc_0043
このように栽培することで、甘みのあるすいかやメロンが出来上がるのです。


最後に


「植木町と言えば?」

と、熊本県の人に聞くとおそらく下のCMをイメージする方が多いと思います。



植木にあるからウエッキーというシンプルな名前です。